ドラマのような生活を送る

女性

多くの人達から人気を博している内装などを取り入れることで、大阪の注文住宅の質はアップします。吹き抜けのある生活は開放的です。大阪でお得な住まいを得たい場合、エコシステムを取り入れた注文住宅を造ると良いでしょう。

詳細を確認する...

狭いをメリットに変える

東京de注文住宅

狭小住宅は東京で注目されています。過ごしやすい環境になるように、設計も入念に考えてくれるので安心ですよ。

設計次第で快適

模型を持つ人

東京など、都市部では不動産の価格も高騰していて、マイホーム計画に難色も示されています。近年、狭小住宅が若い世代から人気で、建物が近接している東京の住環境にも配慮できます。構造・設計・仕様などが選べる中、デザイナーズ物件は東京の不動産では人気が高く、片流れ屋根やフラットルーフが個性を演出しています。建物が隣接するため、狭小住宅でデメリットとなる採光の取り入れには、吹き抜けを設けたり階段室にガラスパーテーションを設けることで光を取り入れる工夫も事例としてあります。また、敷地の関係上、高天井などの横より縦に空間を作る住宅が多く、日当たりのよい2階にLDKを配置することで、光と風まで取り込みやすくなると評判です。小さくてもあったかな暮らしを提案できるでしょう。

若い世代でも建てられる

戸建て住まいを賢く手に入れるためには、将来の相続にも備えた住まいづくりが、東京など都市部の不動産で注目されています。特に地価の高い東京では、狭小住宅への関心が高まっています。将来の相続を意識し、多世帯住宅に建て替えるケースもあるほどです。狭小住宅でもスタイルは自由で、同居型・一部共用型・完全分離型まで選ぶことができます。都市モデルとして、限られた敷地に建てられるスリムなフォルムが住宅の特徴で、コンパクトでものびのび暮らせる工夫が施されるのが主流です。30代で持ち家を所有することも可能で、敷地を最大限活用できることが求められます。デザインセンスのよい軒の出ゼロ・桁落とし設計など、斜線制限対応などで隣との境界線ギリギリまで活用できます。